現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 豆知識

豆知識の記事一覧

大雨のときだけ雨漏りする原因

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     台風14号が、徳島には今夜最接近し、雨は明日の朝までは続くようです、、🌀😲   そこで、本日は雨漏りについてお話させていただきます。 普段は雨漏りしないのに、強い雨の日や台風の時だけ雨漏りしていませんか?☔ そして、いつもしていないからまだ大丈夫!と放置していませんか?😲   雨漏りは放置すると、後々大がかかりな工事が必要になってしまい、費用も大きくなってきますので症状があればすぐに対処していきましょう!   ☔大雨の時だけ雨漏りする原因☔ ①コーキングの劣化 まずは、コーキングの劣化が考えられます。   コーキングとは💡 外壁にはサイディングと呼ばれる外壁材が使用されていることが多く、そのサイディングとサイディングの目地に打ち込んであるゴムのようなものです。   コーキングは、一気に劣化が進むのではなく徐々に劣化し、ひび割れやはく離が発生し、そのすき間から雨水が侵入してしまいます。 少量の雨の場合は住宅内部に雨水が侵入しませんが、大雨や強風をともなう雨の場合は雨漏りの発生につながってしまいます。 コーキングは、外壁のほかに窓枠やサッシまわりにも使用されています。   ②外壁のひび割れ 写真のように外壁にひび割れが発生すると、その隙間から強風や大雨の時に内部に雨水が浸入してしまい、それが原因で雨漏りする場合もあります。 大雨から数日後に雨漏りする原因も、ひび割れの原因が多くなっています。 また建物内部のどこかに雨水がたまってしまう状態となるので、カビや染み、腐食が発生してしまうこともありますので早急な対処が必要となってきます! カビや腐食などは建物だけでなく、人体にも悪影響ですのでお気を付けください。   ③屋根・外壁の劣化 屋根や外壁は常に雨風や日光・紫外線にさらされ、影響を受けてしまいます。 定期的にメンテナンスを行わないと、どんどん劣化が進み美観や建物性能、雨漏りが発生する可能性がでてきます 冒頭でもお話ししましたように、大雨の時だけだからまだ大丈夫!とそのまま放置してしまうと、どんどんおうちへのダメージは広がってしまいます!     みなさま、台風には十分お気を付けください!!   なにかお困りごとがある際はいつでもご相談ください💙 お客様のお力になれますよう、全力で務めさせていただきます!!   ✨     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年09月17日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

ローラー塗りと吹き付けの違いとは?

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     外壁塗装をおこなう際にローラー塗装と吹き付け塗装のどちらがいいの?とお客様からお尋ね頂くことがありますので違いについてご紹介させていただきます!   外壁塗装には3つの工法があります‼‼ ①ローラーに塗料を含ませて塗るローラー塗り ②機械を使って塗料を粒子状にして飛ばして外壁に吹き付ける吹き付け塗装 ③手の入りにくい細かい部分を塗る刷毛塗り   それぞれの特徴についてご説明いたします💛🧡 ローラー塗装とは? 現在はローラー塗装が主流となっています。 毛やスポンジ状のローラーに塗料を含ませて、塗っていきます! 吹き付け塗装とは違い、塗料の飛散がしにくいので、近隣との距離が近くてもご迷惑をおかけしないといった点から普及したとも言われています。 ローラー塗りと刷毛塗りは吹き付け塗装とは違い、道具を使って直接、塗っていくので手塗りとも呼ばれています。 ローラー塗りは面積が広い外壁や屋根を塗る場合でも比較的、スピーディに塗装できることも特徴となります。 風などの影響で塗料が飛散することが少ないので、塗料を無駄にすることが少ないことや、道具が扱いやすく、塗膜を厚くするのにも適しています♪ ローラー塗装で使用するローラーには様々な種類があり、施工場所によって違うローラーにかえる必要がありますが匠建装では種類豊富に道具も揃えておりますので、その施工場所にあったローラーをきちんと使用しています。   吹き付け塗装とは? 機械によって空気の力を利用したり、塗料を直接加圧して、粒子状にして塗る部分に吹き付ける工法を吹き付けといいます。 現在のようにローラー塗りが主流になる一昔前は吹き付け塗装が一般的だったそうです。 最大のメリットは外壁にさまざまな模様がつけられることと、その作業スピードです。 ローラー塗りの数倍早く塗装できると言われており、今でも大規模な建物の塗り替えでは吹き付け塗装が選ばれることもあります。 模様をつけることができたり、作業時間の短縮にはなりますが、やはり塗料が飛び散ってしまうことで建物が密集しているところでは使いづらく、機械音もするのでご近所様にもご迷惑をおかけすることもありこちらの工法はあまり使わないのが現状ですね。   刷毛塗りとは? 小さな刷毛を使って塗装していく方法です。 ローラーや吹き付けに較べて小回りが効きますので、狭い場所の塗装に向いてします。 また、ローラーや吹き付けよりも経験と技量に左右される工法なので、仕上がりに差が出やすいと言われていますが、匠建装では経験豊富な職人が揃っておりますのでご安心ください(*^^*) それぞれの特徴について簡単にご説明させていただきました。 ローラーと吹き付けにはそれぞれメリット・デメリットがございますが、やはりおすすめしていますのはローラー塗装です(^^)/ 一番の理由は塗膜の耐久性になります。 吹き付け塗装ではどうしても塗膜が薄くなってしまい、耐久性に欠けてしまいます。 あとは近隣住宅様へのご迷惑などの点からもローラー塗装をおすすめしております💖✨   次回は、現場状況のご紹介をいたしますのでぜひご覧ください♪   本日は以上です😊💖✨     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年09月16日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

アレス ダイナミックシリーズ

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     本日は製品紹介です😉👍 【ALES DYNAMICシリーズ】 ダイナミックシリーズは、塗膜劣化原因のひとつである「ラジカル」の発生を制御する技術の導入により、高い耐候性を発揮し、厳しい自然環境から建物の長期保護を可能にします。     ダイナミックシリーズに導入されるテクノロジー   ①ラジカル制御技術 4つの塗膜コントロール技術で、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を根本的に抑え塗料の耐候性を飛躍的に向上 風雨や熱や太陽光線など、地上では常に厳しい環境にさらされています。 紫外線は人の肌と同じく、建物の仕上材を攻撃し劣化を促進させ、晴天の日だけでなく、曇りや雨の日でも降り注ぎます。 さらに、オゾン層破壊の影響で紫外線量は年々増え続けていることから、人も建物も、健康を維持するには紫外線から護ることが最も重要です。   ②無機・有機ハイブリッド技術 「無機」の強靭さと「有機」の柔軟性、そしてフッソレジンの素材の保護機能を高効率で配合させることで優れた耐候性を発揮     【ダイナミックトップ】 水性反応硬化形ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料 主な特徴 ◆最上位品フッソに迫る高耐候性 ◆樹脂性能を最大限に引き出すラジカル制御技術を採用 ◆超低汚染 ◆カビ、藻が付着しにくい ◆臭気の少ない水性塗料 ◆艶の選択が可能(艶あり、7分艶、5分艶、3分艶) ◆強力な付着力(強化剤を配合することで、湿潤面や高湿度環境での施工が可能)   紫外線に強い塗料選びが大切 風雨や熱や太陽光線など、地上では常に厳しい環境にさらされています。紫外線は人の肌と同じく、建物の仕上材を攻撃し劣化を促進させ、晴天の日だけでなく、曇りや雨の日でも降り注ぎます。 さらに、オゾン層破壊の影響で紫外線量は年々増え続けていることから、人も建物も、健康を維持するには紫外線から護ることが最も重要です。 劣化の原因物質「ラジカル」に着目 「ラジカル」とは、塗料の主成分のひとつ「酸化チタン」に紫外線が当ることにより発生する物質で、塗膜を破壊し劣化を促進させます。 関西ペイントテクノロジーを駆使し、塗膜劣化の原因物質である「ラジカル」の発生を抑える技術を開発しました。     【ダイナミックルーフ】 弱溶剤形2液ハルスハイリッチシリコン樹脂塗料 主な特徴 ◆ラジカル制御技術の採用による最上位品フッソに迫る高耐候性 ◆強靭な塗膜による優れた耐久性 ◆親水化技術の採用による超低汚染 ◆高性能シリコンレジンによる超光沢、艶も長持ち ◆防カビ・防藻 ◆窯業系・金属系どちらも使用可能   素材の劣化を促す紫外線 屋根は、外壁と比べ太陽光を直接受けて夏は猛烈に暑くなり、地域によっては酸性雨、積雪、塩分、火山灰の滞留など最も過酷な環境に曝されます。 中でも紫外線は年中降り注ぎ塗膜や素材を劣化させるため、紫外線に強い塗料選びが大切です。     本日は以上です😊💖✨     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年09月14日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

カバー工法について

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日は屋根カバー工法についてお話します!!   屋根カバー工法とは、古い屋根の上に軽い屋根をはってかぶせる工事方法のことです。 古い屋根をはがして処分する手間と費用がかからないので、工事費用を抑えれたり、工事期間も短く済みます。 よくある事例が、スレート屋根の上にガルバリウム鋼板という軽い金属屋根をかぶせるという工事になります。   まずスレート屋根の上に防水シートをはる作業から始まります。 ルーフィングや下葺き材ともよばれ、雨漏りを防いでくれる大切なシートです。 その上から金属屋根をかぶせます。 この金属屋根自体も防水機能が備わった構造になっており、二つが新しくなることで屋根本来の機能を取り戻すことができます。 適切な方法でカバー工法を行えば、30年以上の耐久性が期待できます!!     ここで要注意なのは、カバー工法は全ての屋根材に適用できるわけではありません💧 ◆瓦屋根 カバー工法は屋根面がフラットな状態でないとできません。 瓦屋根のように波のような形状の屋根には行えず、瓦屋根自体がそもそも重いので重荷を付加するカバー工法は適していません。   あとは、スレート屋根でも劣化がひどい場合は下地自体が傷んでいる可能性が高いのでカバー工法は避けた方が良いでしょう。 そうなるともう葺き替え工事しか手段がありません。 そうなる前に築20年~25年経った際に一度屋根点検した方が良いでしょう。     匠建装ではドローンを使ってお客様の屋根を撮影し、無料で診断させていただいております!!!                 屋根のメンテナンスを考えている方、現在お住いの屋根の状態を知りたい!という方はぜひ匠建装に一度ご相談ください(^^♪ 診断・お見積り無料で行っております!! ドローンについての記事はコチラ☟ ドローンでの屋根診断おこないます!     本日1件の施工事例を更新しております🏠✨ お客様に満足していただき嬉しく思いますヾ(≧▽≦)ノ 板野郡板野町 I様邸 外壁塗装 防水工事     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年09月12日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

匠建装おすすめ塗料

みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     朝晩はだいぶ涼しくなりましたね🍁 塗装は、もちろん一年中可能ですが、これからの季節は特に塗装シーズンといわれる季節になります!!   本日は、塗料の特徴と耐用年数についてお話します!! 外壁塗装・屋根塗装をしたいけど、どの塗料を使うのがいいかわからない。というお客様は多いかと思います。 塗料はベースとなる樹脂によっていくつかの種類に分けられ、塗料によって効果や耐用年数も変わります。   では、ここからは主な塗料の種類をご紹介します💙   【シリコン系塗料】 現在1番流通している塗料で、耐久性のわりに価格が安く、コストパフォーマンスが良いため人気の塗料です! 防汚性が高く光沢が長持ちします。 耐用年数:7~10年 当店取り扱い塗料 『パルフェTOP』   【ラジカル制御形塗料】 塗膜の劣化の原因となる「ラジカル」の発生を抑える機能を持ち、シリコン系以上の耐久性があり、紫外線による劣化にも強いです。 耐用年数:8~12年 当店取り扱い塗料『ファインパーフェクトトップ』   【フッ素系塗料】 蛍石を原料としたフッ素系樹脂を使った塗料で耐久性がとても高く、ビルの外壁などにも使用されている。 耐用年数:10~15年   【無機系塗料】 セラミックやケイ素などの無機物を主原料とした塗料で耐久性はトップクラス。 耐用年数:15~20年 当店取り扱い塗料『MUGA』   外壁の塗装には寿命があり、適切なタイミングでメンテナンスしていく必要があります。タイミングの見極めは塗料の耐用年数が目安になりますが、住んでいる地域の環境などによっても大きく差が出るため、「変色・退色」「チョーキング現象」「コケ・カビ」「ひび割れ」「浮き・剥がれ」などの劣化のサインを見逃さないことがポイントです。     【WEBから来店予約】で、JCB商品券2,000円分プレゼント!! 来店のご予約はコチラから☆彡       匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪   みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790   2021年09月11日 更新 詳しく見る
お知らせ新着情報豆知識

お家の悩みは、匠建装に何でもご相談ください!

みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     匠建装では、外壁塗装・屋根塗装のほかの施工も承っております♥ ・防水工事 ・雨漏り修理 ・屋根工事 ・大工工事 ・内装工事 ・水廻りリフォーム(キッチン、お風呂、トイレ等) ・外構工事 ・白蟻駆除 ・エクステリア ・オール電化   例えば、玄関ドアリフォーム【リシェント】 リシェントはたった一日で施工完了する手軽さで、高機能な玄関ドアにチェンジできます。 従来までの壁を壊すなどの大掛かりな工事は必要ありません! リシェント工事の工程は以下のようなかたちで行います。   こちらは、匠建装で実際に施工させていただきましたリシェント工事の様子です🏠 ▼施工前 ▼施工後 ドアが変わるだけでお家の印象がガラリとかわります👍❣   お家のことで、お悩みがあれば、なんでもご相談ください(/・ω・)/     そして只今、匠建装で実施している選べる3大特典ですが、、 明日、9月10日までとなっております!! 外壁塗装をお考えの皆様!!まだ間に合います!!   今回は今までにない豪華な特典をご用意しました!! 選べる3大特典としまして、お客様に3つの中からお好きな特典を選んでいただきます!! ・足場代10万円OFF!! ・付帯塗装10万円まで無料!! ・塗料の1グレードアップ!!!     おうちのことで気になる点などがございましたらお気軽にお問い合わせください😊 お客様のお役にたてますよう精一杯、つとめさせていただきます!! さらに!!!! WEBから来店予約をしていただきますと、JCB商品券2,000円分をプレゼントしておりますのでぜひご利用ください! 来店のご予約はコチラから☆彡       匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪   みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790   2021年09月09日 更新 詳しく見る
お知らせ新着情報豆知識

施工中の現場ご紹介【徳島市川内町】ベランダ塗装・コーキング

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     本日も施工中の現場の様子をご紹介します😉👍   【徳島市 川内町】   本日はベランダ塗装   ▲下地処理 下地処理は、塗布面の整調と付着性の向上になります(^^)/ この下地処理をしないまま塗装をおこなってしまうと、すぐに塗膜が剥がれてしまうこともありますので注意が必要です。     ▲下塗り この作業は上塗り塗料をキレイに仕上げるためと、塗装面に密着させる作業です。 上塗り材だけ塗っても、塗料がキレイに密着する事ができなかったり、ムラができてしまったりしてしまいます。 外壁は塗料を染み込もうとする性質があるため、塗装の際は塗料の吸い込みを防止する下塗り材を必ず使用しなければいけません。 下塗り材には以下のような種類があります。 ★シーラー 下地と塗料を密着するための接着剤的な役割があります。 ★プライマー シーラーと同じ役割を持ち、外壁以外には鉄部にも使用されます。 ★フィラー こちらもシーラーと同じ役割を持ち、さらに厚みが出るので細かいヒビを埋めることができます。     ▲中塗り 中塗り作業は上塗り材の補強効果、定着効果を高めます。       ▲上塗り 上塗り作業は仕上げの工程です。 中塗り作業で生じた色ムラや気泡などを上塗り作業で無くします。 さらに3回塗り塗りをすることによって仕上がりの色ツヤが圧倒的に良くなります。 上塗り作業をせず、二回塗りだけで済ませようとする業者は要注意です!!     ▲コーキング コーキングとは、外壁材同士にできる隙間を埋めるために充填材を入れることを言います。 外壁材は非常に堅いので、隙間をあけずに貼り付けていくと気温変化などによる膨張で外壁材が衝突し、破損してしまいます。 しかし、一定の隙間をあけて、コーキング剤を注入することによって、防水性と耐候性の高い外壁が出来上がります🙆 コーキングの弾力性で外壁材の膨張を吸収し、破損を防ぐことで超寿命化を実現しているのです。     本日は以上です😉💕     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年09月07日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

ケレン作業が必要な場所とは??

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日はケレン作業についてお話します!! ケレン作業は塗装工事の際に行われる下地処理のことです。 外壁や屋根などのサビや古い塗装を削ぎ落す工程になります✨✨   外壁や屋根には鉄部がたくさん存在しています。 新築や塗装時は塗膜で保護されていますが、時間が経ち、雨風にさらされることによって塗膜が劣化していきます。 雨水などの水分が、劣化した部分から鉄部に浸水することによってサビが発生されています。 そういった症状の際にケレン作業が必要になってきます!!   それではここで、お家のどのような部分に鉄部が存在するのか詳しくご紹介します😉👍   ◆金属系の外壁材や屋根材 金属系のサイディング材やトタンなどは、金属でできており、雨水によるサビを防ぐために表面を塗膜で保護する必要があります。 しかし、同じ金属系サイディングでも『ガルバリウム鋼板』は表面が強力な亜鉛メッキ層でできており、亜鉛の防食機能によりサビが補修されるため、金属系サイディングボードの中でも錆びにくい種類と言われています。 ただし、錆びにくいと言われているガルバリウム鋼板ですが、工場でしっかりとメッキが施されているからこそ錆びないのであり、傷つけてしまった場合などは錆びてしまう場合があるので、十分に注意する必要があります。   ◆外壁や屋根の周辺に使われている金属製部材・エクステリア ・雨樋固定部材 ・破風板 ・鼻隠し ・庇 ・軒 ・その他付帯部 ・雨戸 ・シャッター ・門扉 ・ポスト ・フェンス   このように家周りにはたくさんの鉄部が存在します!! ケレン作業は古くなった既存の塗膜やサビを落とすだけではなく、塗装後のサビの広がりを抑制し、塗料の密着性を高めるというとても大事な役割でもあります。 そしてケレン作業を終えたらサビ止めをし、塗装に入ります🏠✨     ケレン作業の様子📷                                                                               サビ止めの様子📷                                                 匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております! ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年08月29日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

塗装工事の工程★

みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!       本日は、塗装工事の工程をご説明いたします🏠     1.足場組立 足場を組むことにより職人の安全を保ち塗装技術を余すことなく発揮します。 メッシュシートでご近所様への塗料の飛散を防止しています。 【足場の役割・必要性とは?】 ①安全管理の為 ②近隣住居への配慮の為 ③施工品質の為 ④労働安全衛生法で定められている   2.高圧洗浄 高圧洗浄作業とは、洗浄機を使用して外壁や屋根などに付着しているチョーキング、砂塵、汚れ、苔、藻、カビなどを洗い流す作業の事になります! 塗装後に塗膜のひび割れ、膨れ、剥がれなどの品質トラブルの原因になる場合もあるのでしっかりと丁寧におこなっています。     3.養生 養生とは、塗装する際に塗料が付いてしまうと困る箇所をビニールなどで保護する作業です。 場所によっては、真っすぐ養生をしないと仕上がりが悪くなることもあるので、注意が必要になってきます。       4.下地調整 必要に応じて、古い塗膜やサビを取り除きひび割れた継ぎ目などの補修をおこないます。   5.屋根塗装 屋根は紫外線を多く受け、劣化しやすいので下塗り後、中塗り、上塗りと丁寧に塗っていきます。 屋根の状態によって下塗りが2回必要な場合もありますので、その際はお施主様にしっかりとご説明させていただいております。     6.外壁塗装 基材に合わせた塗料で下塗り後、中塗り、上塗りと丁寧にしっかり仕上げます。     7.軒天・破風板・雨樋塗装 屋根から雨水がつたわりやすい箇所なのでしっかり塗装します。         8.各所仕上げ作業 細かい部分も塗り残しがないよう、しっかりと確認して各所丁寧に仕上げていきます。   9.立会検査 作業終了後はお客様に立ち会っていただき塗装結果を確認していただきます。   10.足場解体 足場解体後は綺麗にお掃除します。 以上がおおまかな流れとなります! 匠建装では、お客様にご満足いただけますように丁寧な作業をおこなっております✨ 作業中の疑問や不安点なども、お気軽にご相談ください☺       匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790             2021年08月23日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!