現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報

新着情報の記事一覧

徳島市・小松島市・松茂町の現場紹介!!下塗り作業とは???

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日も施工紹介をしていきます😎💗   【小松島市江田町 Y様邸】 ▲外壁上塗り完了 しっかり重ね塗りを行ったので光沢感が出て綺麗に仕上がりましたね😉✨ 塗料はタテイルαという商品を使用しました!! ◆「タテイルα」の特長 ①耐候性に優れた無機顔料と比較的耐候性の良い有機顔料(青・緑)のみで調色。 ② 光安定剤(HALS)を高配合し、退色の進行を抑制。 ③ 艶調整材等の添加を抑え、相対的な樹脂料を最大限に確保し樹脂劣化を抑制。   続いてはコーキング充填作業です😉 ▲まずはプライマーを塗ってコーキング材が密着しやすくします。 ▲コーキング材を充填します。 ▲表面が平になるようにヘラなどを使用して余分なコーキング材をふき取ります。 この作業はとっても難しい作業で、プロの技が必須になります✨✨ 今回コーキング材は「オートンイクシード」という商品を使用しました。 ◆「オートンイクシード」の特長 ・『超』耐久性・・・新開発「LSポリマー」を採用し、従来にない圧倒的な耐久性を実現。 ・『超』耐候性・・・紫外線や降雨から美観を守る優れた耐候性を発揮。 ・柔軟性・・・可塑剤を含まないため、経年による硬質化を防ぎ、超長期的に柔軟性を維持。 ・防水性・・・シーリングからの雨水の侵入を遮断し、長期的な防水性を保持。 ・耐震性・・・外壁の振動(ムーブメント)に追従し、外壁の負荷を緩衝。 ・低汚染性・・・新技術「CRオリゴマー」を配合し、塵や埃の付着を大幅に抑制。     【徳島市国府町 M様邸】 ▲外壁下塗り   ▲軒天下塗り ▲軒天上塗り 軒天のメンテナンスもしっかり行わないと雨漏りの原因になることがあります!! 外壁塗装の際には必ず軒天も一緒に塗装しましょう😉👍     【板野郡松茂町 T様邸】 こちらは先日着工した現場になります!! まずは屋根の高圧洗浄の様子です。 ▲before ↓ ↓ ▲after しっかり汚れが落ちたのがわかります!!   ▲下塗り1回目 下塗り材は屋根材への塗料の浸透を防いでくれる大切な役割を持っています。 ▲下塗り2回目   ▲外壁の高圧洗浄     現場紹介の続きは随時更新して行きます!!     そして本日は完工した現場の施工事例をUPしております😉🏠 コチラもチェックしてみて下さい😆🙌 徳島市南昭和町 O様邸 屋根塗装 外壁塗装 防水工事 徳島市一宮町 I様邸 屋根塗装 外壁塗装 徳島市南沖洲 I様邸 屋根塗装 外壁塗装 徳島市国府町 K様邸 外壁塗装     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月11日 更新 詳しく見る
新着情報現場日誌

ケレン作業とは??

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   今日は風が冷たいですね…🥶 気温差が激しいので皆様、お風邪などひかれませんようお気をつけください😊✨     本日は外壁塗装を行う際にかかせない【ケレン作業】についてお話ししようと思います。   お客様からもケレン作業とは何なのかとご質問をいただきますが、実はこのケレン作業は外壁塗装の 仕上がりを左右するとても重要な工程となります。     外壁表面の異物を除去する作業 ケレン作業とは簡単に説明すると『外壁の異物を取り除く作業』のことで、『素地調整』とも呼ばれます。   外壁塗装ではまず外壁表面の汚れを業務用高圧洗浄機の協力な水圧で落とします。   しかし金属部にこびりついたサビや古い塗膜などは高圧洗浄でも落とせないことがあります。 そのため高圧洗浄のあとはこの残った汚れを取り除くためにケレン作業が行われます。   汚れやサビが手で剥がせるようであればケレン作業は大掛かりな工事にはなりません。   しかしサビが成長してコブのように膨れ上がっていたり、外壁材や金属部材の深部まで進行していたりする場合は 必要性に応じて電動工具などを使って時間をかけて除去しなければなりません。     外壁表面を滑らかにする作業 ケレン作業は主に屋外にある金属製の手すりや、屋根の板金や鼻隠しといった付帯部のサビ除去を 目的として行われますが木材やサイディング材でも表面処理作業の一環として行われます。   外壁塗装をムラなく均一な仕上がりにするためには外壁表面の凹凸や劣化損傷をできるだけ補修しておかなければなりません。   また、塗料が付着しにくいガルバリウム鋼板の屋根や外壁であればヤスリなどであえて 毛羽立たせ塗料が付着しやすい状態にしておく必要があります。   ケレン作業の目的 ケレン作業を行う目的と重要性をまとめると以下のようになります。   塗料を長持ちさせる どんな丈夫な塗料でもサビや汚れなどの異物の上から塗ってしまうとその異物が下から 塗膜状態に悪影響を及ぼしてしまい長持ちしなくなってしまいます。   例えばサビを残したまま塗料を塗ってしまうとサビは塗膜の下で成長し続け、 次第に塗膜を食い破る可能性があります。 あるいはサビの成分が塗料の耐久性を落とし施工後すぐに塗膜剥離や浮きが生じるようになってしまいます。 いかに強力な防錆剤を塗布してもサビを根本から除去しなければ外壁は何度もサビの脅威にさらされることになってしまうのです。   塗料の密着性をよくする 汚れなどを外壁表面に残したまま塗料を塗ると汚れに邪魔されて外壁と塗料が密着できなくなってしまいます。 塗料がしっかり外壁に付着できないと付着してない箇所から塗膜剥離が発生したり塗面に傷や割れが生じやすくなって 雨水が浸水したりする恐れがあります。   特に塗装の第一段階目で使う下塗り塗料がしっかり外壁に付着できていなければ下塗り塗膜がしっかり形成されず、 塗膜内部ももろくなりその上から塗る中塗り用や上塗り用塗料も耐久性を落としてしまいます。   ケレン作業で汚れやサビを除去しておかなければ、いかに優れた外壁専用の塗料でも脆弱塗膜となり、 その性能を発揮することはできません。   塗膜の完成度を高める ケレン作業によって凹凸がなく滑らかになった外壁は塗料をまんべんなく密着させることができます。 丈夫な塗膜で外壁をしっかり覆うことができればムラがなく発色もよい塗面で外壁が覆われ、見た目も美しく、 家を外から強力に保護することができます。   外壁塗装といえば塗料をハケで塗る作業や足場設置などがメインに思われがちですが、 工程全体の中でも非常に重要な意味を持つ工程が今回ご紹介したケレン作業です。 塗装の完成度を高めるためにはケレン作業によって汚れや凹凸を取り除き、滑らかな表面に仕上げておかなければなりません。   匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月10日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

徳島市・小松島市の現場紹介♪スレート屋根に必要なタスペーサーとは??

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日も施工紹介をしていきます😄💖   【徳島市沖浜町 M様邸】 ▲外壁下塗り ▲外壁中塗り ▲上塗り 外壁塗装の重ね塗りは下塗り・中塗り・上塗りです。 重ね塗りをする1番の理由は耐久性を上げる為です! 塗膜の厚さを確保して塗装の寿命が長持ちするようにまず下塗りをし、乾かした後に上塗り用の塗料を2回塗る作業をするのが正しい塗装です。   ①下塗り 上塗り材との密着性を高めるために、下塗りの工程はとても重要です! 下塗りに使われる塗料は様々で、塗料メーカーや外壁の状態によって何を使うか異なります。   ②中塗り・上塗り 中塗りと上塗りは実際に使う塗料はどちらも同じで塗装に厚みを持たせるために中塗りと上塗りの2回に分けて塗ります。 2回にわけず、1度に塗膜を厚くしようとすると塗料が垂れてしまうので必ず1度塗装をしたら乾かしてから再度塗装をします。 ▲左から施工前→下塗り→中塗り→上塗り   外壁塗装は建物を守る役割があります!! もし3度塗りが行われなかった場合、設定されている耐用年数より早く不具合や劣化が発生する可能性は高くなります。 必ず3度塗りをすることと、工程ごとに適切な乾燥時間を設けることが重要なポイントなのです!!   ▲軒天塗装 ▲付帯部塗装   窓格子も塗装させていただきました✨✨ ▲before ▲after とても綺麗に仕上がりましたね✨✨     【小松島市江田町 Y様邸】 ▲屋根 下塗り状況 ▲タスペーサー設置 ストレート屋根の塗装工事の際に行う【縁切り】に必要な道具で、屋根塗装の際に屋根材の隙間を作る工程をさします。 屋根塗装をすると水の逃げ道である隙間が塗料でふさがれてしまいます。 その際、屋根材の内部は雨が入り込む可能性があり、水の出口がないと裏側に水がたまり、屋根裏を腐食させてしまいます。 そして、屋根下地が水分を含むと、カビなどの発生につながり、アレルギーなどの原因になり、健康面への不安を生じさせるのです😭😭 そこで重要なのがタスペーサーです!! タスペーサーは屋根材の隙間を塗料がふさがないようにするための板状の道具です。 タスペーサーを使用するメリットは、、    ①縁切り部分の塗膜が剥がれる心配がない 下塗り塗装の段階で設置しているため、引き抜くだけで塗膜を剥がさずに隙間を作れます。 ②作業時間の短縮 通常縁切りは、カッターや皮すきを使うと2人がかりで1日かかる作業ですがタスペーサーであれば設置時に数時間かかる程度ですみます。 ③手作業によるトラブルを避けられる カッターや皮スキで硬くなった塗料を剥がす際に、除去する部分以外にひび割れを生じさせてしまうこともあります。 それが水の侵入を許す原因になる場合もあるのです。   ▲屋根 中塗り   ▲屋根 上塗り      ▲各種付帯部塗装   本日は以上になります😉👍   匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月09日 更新 詳しく見る
新着情報現場日誌

徳島市・美馬市施工現場紹介♪

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     本日も施工現場の紹介をしていきます😉🎈     【徳島市国府町 K様邸】 ▲中塗り完了しました✨✨ 外壁塗装というのは三回塗りが基本で一回目を下塗り、二回目を中塗り、三回目を上塗りといいます。 この三回塗りは絶対に必要と考えてください。 悪徳業者や手抜き業者はこの三回塗りを行わず、後からすぐに塗料がはがれてトラブルになるということがよくあります。   ▲中塗り作業を終えたので次は上塗り中の様子です。   ▲上塗り完了✨✨ とても綺麗に仕上がりましたね😉🏠     【徳島市国府町 M様邸】 ▲高圧洗浄 外壁や屋根に付着した、ほこり・コケ・チョーキングの粉などを綺麗にするため、専用の洗浄機に水を入れて圧力をかけ噴射して汚れを落とし、塗装できる下地を作り出す作業です。 チョーキング現象がおこっている状態のまま塗装をすると、劣化した塗膜には粘着力がなくなっているため、いくら良い塗料を塗布しても 一緒に剝れてしまいます。 しかし、高圧洗浄をすることによって、しっかりと塗料が付着し、密着性を高める役目を果たします! 長い年月の間に徐々に蓄積された汚れは、時間をかけ職人がしっかり汚れをおとします! この工程は屋根塗装や外壁塗装において、絶対に欠かせない作業なのです! そして、洗浄作業終了後は充分な乾燥の時間を設けて塗装の工程に入ります✨✨   ▲こちらはコーキング撤去の様子になります。 古いコーキング材をペンチやカッターなどを使用して綺麗に除去します。 コーキングが割れたり、痩せている場合は劣化している証です。 外壁塗装をする際には一緒にコーキングの打ち替えもオススメしています😉👍   ▲養生 塗料が飛ばないようにしっかり養生しています。   ▲木部下地調整 木部はコンクリートや金属と違い伸縮しやすい性質があり、劣化しやすいです。 塗装する前にはしっかり下地調整が必要になります。   ▲付帯部下塗り 下地処理を終えたら下塗り作業に入ります。   ▲鉄部錆止め     【美馬市美馬町 N様】   ▲Vカット クラックに対してV型のカッターを取り付けたサンダーで削ります。 ▲専用のプライマーを塗っていきます。     ▲下地調整の様子です。     本日は以上になります😉👍     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月08日 更新 詳しく見る
新着情報現場日誌

ツートンカラーの外壁塗装♪

  みなさん、こんにちは!! 徳島県徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修専門店 匠建装 です(^^)/ 徳島県徳島市、鳴門市、板野郡を中心として、高品質の外壁塗装&屋根塗装&雨漏り補修工事をご提供致します^^   外壁塗装を考えているときに、外壁をツートンカラーにしたい!と思われる方も多くいらっしゃると思います。単色の外壁塗装に比べると配色の組み合わせが多くいろいろなパターンを作ることができます。ですが、皆さんが思っている以上にツートン仕上げは配色が難しいです。   そこで今回は、ツートンカラーを失敗しないために、おすすめの配色や特徴、また注意点などのご紹介をさせていただきます。   これから外壁塗装をご検討の方や、ツートンカラーが気になっている方は、是非ご覧ください(^^)/ まず!ツートンカラーとは!【お家を塗装する際に、二色以上の色を使うこと】を言います。 ◆外壁塗装のお洒落な仕上がりを楽しみたい人◆対象的な色使いや、ワンポイントで違う配色にしてメリハリをつけたい人◆同系色のツートンカラーにして、お洒落さを演出しながら調和も大切にしたい人 上記に書いたようなお洒落な雰囲気に仕上げたい方におすすめです!   そして、ツートンカラーにする際のコツ! ■同系色を選ぶ一般的に外壁をツートンカラーにする際には、グレーや黒・クリーム色とブラウンなどなど、同系色で合わせることが多いです。同系色にすることでバランスがとれるので、最も失敗が少ないです。 ■セパレーションカラーを活用同系色を使ってもまとまらない、また配色の対比が強い場合は、2色の間にセパレーションカラーを入れると良いでしょう。印象的でハイセンスな家のイメージに仕上げてくれます。 ■使用する色は最大3色ツートンカラーの注意点として、使用する色は最大3色までが良いです。3色以上使用すると、家全体のバランスを整えるのが難しく、とても大変です。     次に、色の役割とバランスがよく見える割合です! 【ベースカラー】ベースカラーは塗装する面積が最も広い部分で、全体の70%程度が目安です。原色や、黒色などは ベースカラーにはあまり向きません。 【アソートカラー】ベースカラーの次に多く使う色で、全体の25%程度です。ベースカラーとアクセントカラーの釣り合いを取る、重要な役割を果たします。 【アクセントカラー】全体の5%程度に使用する差し色です。個性的にしたり、スタイリッシュに締める役割を果たします。メイン部分に同系色を2色使用し、アクセントカラーで1色足すと、綺麗にまとめる事ができるでしょう。   そして次は、ツートンカラーの区切り方のご紹介です! ◎外壁の上下で色を区切るツートンカラーにする外壁塗装では、最も一般的な方法です。基本的には、下になる方を濃い色にすることで、落ち着いた印象になります。 ◎バルコニー等の出っ張りで色を分けるモダンな雰囲気にするためには、ポイント部分で色を使うことで、ハイセンスになります。 ◎付帯部との相性も重要ツートンカラーにする際、忘れがちな付帯部のデザインですが、色や形や素材など、選ぶポイントが色々あります。全体のイメージを損なわないよう付帯部のデザインにも目を向けましょう!   注意点が少し多いですが、これらに気を付けると、とってもお洒落な仕上がりになります! 匠建装では、色やデザイン決めもお客様のお手伝いをさせていただきますヾ(≧▽≦)ノ   ▼下記ぺージにもツートンカラーの施工事例がありますので、ご参考になればと思います♪ ●匠建装 施工事例 一覧●         ~ おうちのお悩みがございましたらぜひご相談くださいませ ~* ・外壁塗装はどれぐらい費用がかかるの? ・外壁塗装の工期はどれぐらいかかるの? ・そもそも外壁塗装をなぜ行わないといけないのか? ・塗り替えの時期はいつがいいのか? ・徳島県で塗装会社をどう選べばいいのか?・・・などなど。 どんなことでも構いません !お気軽にご質問ください!!   無料外壁診断を予約したい方 無料の外壁診断の予約はこちら 無料雨漏り診断を予約したい方 無料の雨漏り診断の予約はこちら 工事についてもっと知りたい方 見て!触って!直接体感できるショールーム来店予約はこちら 施工後のイメージを知りたい方 徳島市の施工事例のご確認はこちら!随時更新中   匠建装ではご相談・お見積り・プランニングを無料でおこなっておりますのでぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪   みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております(*^-^*) フリーダイヤル0120-101-230 2021年11月07日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

瓦が割れてしまう原因 とは(><)?

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   日中は暖かい日もありますが、夕方以降はすっかり冬ですね…❆ 私は冷え性で寒いのが苦手なのでこの時期になってくると憂鬱ですが、 最近は岩盤浴に通うようになり体は温まるし、リフレッシュにもなります✨✨ みなさんも疲れやストレスをため込まないようにリフレッシュしてくださいね😊🎵     では、本日は屋根の瓦についてお話ししようと思います。   こちらの瓦は色もあせてしまい、ヒビ割れがおこっています。 どうしてこのように割れてしまうのでしょうか。 瓦が割れる原因として下記のようなことが考えられます。   ・釘が膨張している 瓦を固定するために釘が使われていますが30~40年前に建てられた建物には主に「鉄釘」が使用されていました。 鉄は水分や湿気があると錆びて膨張してしまいます。 瓦の下に入り込んだ雨水などの影響で、膨張した釘が元の釘穴を圧迫して瓦が割れることがあるのです。 現在は錆びにくいステンレス製の釘が主流になってきているのでこのような症状は少なくなってきています。   ・瓦にのった衝撃 屋根に設置してあるアンテナや太陽光パネルの修理時に、誤って瓦を踏みつけたり ハシゴを掛けるときの負荷で瓦が割れたりすることがあります。   【匠建装では屋根診断をおこなう際にドローンを使用しますので、 お客様の屋根を傷つける心配はありませんのでご安心ください❣     ・凍害による割れ 瓦を焼いた時に無数にできた気孔に水分が侵入して寒さで水分が凍ると膨張します。 この膨張に体積の増大で瓦の内部の組織が破壊され瓦が割れることがあります。     ・自然災害による被害 近年、想定を超える大きな自然災害が発生しています。 そのため頑丈な瓦も自然災害による被害を受けるケースが増えている状況です。 例えば台風による飛来物が瓦に直撃して割れた、大雪の重みで割れたという場合もあります。     瓦を割れたまま放置していると大変なことになりますのでご注意ください😢   瓦の割れは建物にとって既に重症の部類に入るため早急な修理が必要になってきます。 放置していると、瓦の下の防水シートが剥き出しになり紫外線や風雨に晒されて防水機能が失われてしまいます。 さらに症状が進むと屋根の下地材である野地板にも雨水が浸透し雨漏りにつながります。   放置して被害が拡大すると大掛かりな修理が必要となって、修理代金も高額になってきます。 放置していてもよくなることは絶対にありませんので早急に対処することが重要になってきます!     匠建装では屋根診断は無料にておこなっておりますので、気になる症状などがある方はいつでもご相談くださいませ🎵 先程も少しご紹介させていただきましたが匠建装ではドローンを使用しての診断をおこないますので、 屋根を傷つけることもなく、お客様と気になる箇所をリアルタイムでご一緒に確認することができます!   お気軽にお問い合わせください🙂✨✨   匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790   2021年11月06日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

【徳島市・小松島市の屋根外壁塗装現場紹介】どの工程も丁寧に行ってます!!

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日も施工現場の紹介をします😉🏠✨   【徳島市 沖浜町 M様】 ▲高圧洗浄 専用の高圧洗浄機で蓄積された汚れを綺麗に落とします✨   ▲養生 塗料が飛んではいけない箇所は丁寧に養生します。 ドアはしっかり開け閉め出来るように養生していますのでご安心下さい!!     ▲軒天塗装   ▲屋根下塗り→中塗り→上塗り     【小松島市江田町 Y様】 ▲外壁下塗り ▲外壁中塗り ▲外壁上塗り   ▲塗装完了 しっかり三度塗りを行うことで綺麗な艶感が出ました✨✨   ▲軒天塗装     【徳島市国府町 K様】 ▲ベランダ手摺塗装   ▲竪樋塗装 竪樋とは、地面から縦に設置されている樋を指します。   ▲雨戸塗装 こういった付帯部塗装は外壁塗装と一緒に行うことをおすすめします😉👍     本日は以上になります😉👍   匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月05日 更新 詳しく見る
新着情報現場日誌

徳島市・板野郡の外壁塗装3現場紹介!!

  みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!   本日も現場施工状況のご紹介をさせていただきます😉   【徳島市 沖浜町  外壁上塗り】 上塗り作業をおこないました!! 外壁の上塗りとは、塗装工事において外壁の美観を決める最終工程の施工となります。 上塗りの場合は外観に直接関わりますから、家の印象を決めるという点で大変重要な工程となってきます。 こちらは仕上がりの写真になります。 綺麗な色ですね     【板野郡藍住町 外壁中塗り】 外壁の中塗り作業をおこないました!! 後日仕上げ作業の上塗りの工程に入ります!!     【徳島市住吉 コーキング作業・塗装】 【コーキング撤去作業】 古いものを綺麗にとっていきます! 【コーキング施工後】 きれいに仕上がりました!! 雨水の侵入などを防ぐ役割をしています。   ▲施工前 ▲下塗り作業 ▲中塗り作業 ▲上塗り作業   ▲施工後     本日は以上になります😉👍   匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790 2021年11月04日 更新 詳しく見る
新着情報現場日誌

クリア塗装とは?

    みなさま、こんにちは!!徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。 いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!     本日はクリア塗装についてお話ししようと思います。   こちらは匠建装のショールームで展示しているクリア塗装の施工例となります。 写真では少し分かりずらいですが透明の塗料を塗っています!!   クリア塗装とは? ・顔料を含まない ・コーティング(保護)としての機能に特化している ・色がついておらず透明  の塗料のことです。   色がついた塗料には顔料という成分が含まれておりこの顔料によって様々な色を表現することができますが、 クリア塗装にはこの色を表現するための顔料が含まれておりません。   クリア塗料が透明であるため、 ・ストーン調(石材調)・タイル調・レンガ調などのデザインが施されたサイディングボードの上から塗装しても、 模様や目地を塗りつぶしてしまわないため外壁材のデザインを残したまま表面を保護することができるのです。   クリア塗装のメリット 外壁のデザインを残しつつ表面を保護できるという点以外にもクリア塗装には様々なメリットがあります。   外壁にツヤを出すことができる クリア塗装でサイディングボードの外壁や屋根を塗装すると、明るくツヤのある保護膜をつくることができます。 ツヤがある外壁や屋根は新しく見えますし、汚れがつきにくいというメリットもあります。     チョーキング現象が発生しない チョーキング現象とは外壁塗装をおこなってから数年~10年経った時に発生する劣化現象の一つで、 塗装表面に白い粉がつく現象のことです。 外壁表面に現れる白い粉の原因は塗料に含まれる顔料で、塗料の分子同士の結合力が失われることによって 顔料がチョークの粉のように白い粉になって外壁表面に現れるようになることです。   先述の通りクリア塗装には色を付けるための顔料がそもそも含まれていないため、 塗料が劣化してもチョーキング現象が起こらず誤って外壁に触れたとしても洋服やカバンが 白く汚れてしまうことがありません。   クリア塗装は塗装回数が少ない クリア塗料は塗装をおこなうまでの準備はほかの塗料と違いはなく、 ①足場設置 ②養生 ③高圧洗浄 ④下地処理 ⑤塗装 の順でおこなわれますが、クリア塗料は塗料を塗る回数が色のついた塗料よりも少なく済むという特徴があります。   クリア塗装にはこういったメリットがあげられます。     しかしクリア塗装には、 ・相性の悪い素材の外壁 ・塗装してもクリア塗料の効果を発揮できない外壁 ・そのほか使用を避けるべき箇所があるなど注意点もあります。   汚れや傷が激しい外壁では効果がない クリア塗料には外壁の表面の保護する機能はありますが、汚れ、傷、色落ちなどの劣化現象を持った 外壁の上からクリア塗料を塗装した場合、塗膜の上から劣化現象が透けて見えてしまいます。 そのため施工から10~20年以上経って劣化してしまっている外壁にクリア塗装をしても汚れや傷が透けて、 仕上がりが悪いようように見えてしまうのです。   クリア塗料以上に劣化しづらい外壁には効果がない クリア塗料は本物のタイルやレンガを使って作られた外壁にも使用することはできますが、 無機でできたタイル材やレンガ材は表面を塗装する必要性が無い外壁材であるため、タイル材よりも クリア塗料が先に劣化してしまい、塗装の効果をあまり得ることができません。     そのほかにも、クリア塗料を弾く外壁には使用できない、また表面が比較的つるつるしている金属系サイディングも サイディング下地との密着性が悪くなるため、クリア塗料を使用できないことがあります。     クリア塗料は外壁にきれいなツヤを持たせ、親水性やUVカット機能などで強力に保護することができるため 好んで選ぶ方も多い塗料ですがすべての外壁に適している塗料ではないので匠建装ではお客様のご要望を しっかりとお聞きしてお客様のおうちに合う塗料をおススメさせていただいております(*'ω'*)✨✨   匠建装のショールームではおうちの模型でクリア塗装の紹介もしておりますので、 ご興味のある方はいつでもお問い合わせくださいませ☺     匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪ みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨ 川内店 0120-101-230 安宅店 0120-102-790   2021年11月03日 更新 詳しく見る
新着情報豆知識

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!