現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 大雨の時だけ雨漏りをしてしまう理由 / 徳島市 外壁塗装 …

大雨の時だけ雨漏りをしてしまう理由 / 徳島市 外壁塗装 屋根塗装 専門店 匠建装

スタッフブログ豆知識 2019.06.05 (Wed) 更新

 

 

みなさんこんにちは!!

徳島市 外壁塗装 屋根塗装 専門店 匠建装 です(^^)/

 

本日は先日おこなったイベントで実際にお客様からご質問があった、

大雨の時だけ雨漏りするのはなぜなのかということをご説明させていただきます。

 

まず大雨の時だけ雨漏りをするということは雨漏りが今後悪化する初期症状ともいえます。

この症状は比較的、雨漏りをしている雨量が少量のケースが多くなっていますが

少量だからといってそのまま放置していると数か月後、はっきりとした雨漏りの症状になっています。

大雨の時だけ雨漏りがおこる原因とは以下のような劣化状態があげられます。

 

 

シーリングの劣化

屋根、外壁の劣化

外壁のクラック

 

 

シーリングの劣化で雨漏りをする場合

大雨や強風をともなう雨の時だけ雨漏りをする原因として最も有力な原因はシーリングの劣化です。

シーリングの劣化が進んでしまうとひび割れや剥離が発生し、その隙間から雨水が侵入してしまう原因となります。

しかし、ゴム素材に近い性質をしているので一気にひび割れや剥がれが進むのではなく徐々に劣化していきます。

その結果、少量の雨であれば雨水をそこまで住宅内部に侵入させないが大雨や強風を伴う雨の場合は隙間や剥離した部分から

雨水が侵入してしまい雨漏りになるといったことになります。

 

 

外壁・屋根の劣化が原因の場合

外壁や屋根という部材は素材にもよりますが一般的に10年に1度は塗装をしなければ劣化がひどく進んでしまいます。

新築や中古で住宅を購入してから10年以上外壁や屋根の再塗装をしていない場合は塗料の劣化や屋根や外壁の目地の劣化など、

様々な劣化が進んでしまいます。

その結果、小さな隙間から雨水が侵入し雨漏りになってしまいます。

 

 

外壁のクラック(ひび割れ)が原因の場合

外壁にひび割れが発生すると強風や大雨の時に内部に雨水が侵入してしまいそれが原因で雨漏りする場合もあります。

また大雨や強風を伴う雨が降った後、数日たってから雨漏りする原因も外壁のひび割れやコーキングの劣化の原因が多くなっています。

雨水が内部に一度侵入し、その後木材や内部の建物資材をたどっていき隙間のある部分から少量の雨水が落ちてくるといったイメージです。

 

 

また、数日たってから雨漏りする場合は一度建物内部のどこかに雨水がたまっている状態になるので、

カビやシミ、腐食が発生してしまうこともあります。

 

大雨の時だけだから大丈夫と放置してしまうと、どんどん劣化は進んでいきいざ雨漏り修理をする際に

費用が高額になってしまったりするのですこしでも症状がある場合は早めにメンテナンスしていきましょう(^^)

 

 

*~ おうちのお悩みがございましたらぜひご相談くださいませ ~*

 

・外壁塗装はどれぐらい費用がかかるの?

・外壁塗装の工期はどれぐらいかかるの?

・そもそも外壁塗装をなぜ行わないといけないのか?

・塗り替えの時期はいつがいいのか?

・徳島県で塗装会社をどう選べばいいのか?・・・などなど。

 

匠建装ではご相談・お見積り・プランニングを
無料でおこなっておりますので
ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております(*^-^*)

お問い合わせはコチラ

 

フリーダイヤル0120-101-230

 

株式会社 匠建装 〒771-0136

徳島県徳島市川内町平石古田32-1

外壁塗装 屋根塗装 匠建装

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!