現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > おうちのベランダは大丈夫ですか? / 徳島市 鳴門市 板野…

おうちのベランダは大丈夫ですか? / 徳島市 鳴門市 板野郡 屋根塗装 外壁塗装 専門店 匠建装

新着情報スタッフブログ 2019.12.02 (Mon) 更新

 

みなさん、こんにちは!!

徳島県 徳島市 鳴門市 板野郡 屋根塗装 外壁塗装 専門店 匠建装 です(^^)/

 

だいぶ気温が下がってきて寒くなってきましたね❄

そして今年も一か月を切りましたね…。

本当に1年はあっというまですね(*_*;

 

本日はベランダ防水についてご紹介をさせていただきます!!

 

築5~15年経過しているかどうかにかかわらず、ベランダやバルコニーの床で以下のような異常を発見したら、補修が必要となってきます。

みなさまのおうちのベランダは大丈夫でしょうか?

 

 

表面の色褪せ
床の表面が荒れている時・色褪せが見られる時は、トップコートの機能が低下してきています。
なるべく早めに塗り替え工事を依頼しましょう。

 

塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ
ひび割れや、剥がれた箇所・ふくれた箇所を見つけた際には、表面のトップコートの塗膜だけか、防水層から劣化してしまっているのかを業者に確認してもらいましょう。

めくれた部分や浮き上がった部分がある場合には、トップコートや防水層だけではなく、下地の工事も必要になる可能性が高いです。

 

 

ベランダ・バルコニーに水がたまる
ベランダに水がたまるのは、排水口にゴミがたまっている、防水効果が切れてしまっている、

雨水を自然に流すための勾配がそもそもなかった、といった原因が考えられます。

 

 

植物や藻の繁殖
ベランダ・バルコニーの床を割って、植物が芽を出している場合や、藻が発生している場合も要注意です。
特に雑草の根や茎は、非常に強く頑丈です。成長していく過程で、コンクリートを破壊してしまう恐れがあります。

放置してしまうと、防水層だけでなく、住宅自体を損壊させる危険性もあるため、早急にベランダのリフォームを行って除去しましょう。

 

雨漏り
ベランダの床の防水性が失われると、水が建物内部へ浸入し、建物を支えている大事な柱や梁、骨組みなどが錆びたり腐食させたりしてしまう危険性があります。

雨漏りは、ベランダ劣化の中で最も緊急性の高い状態です。

 

このような症状がある場合はお早めのメンテナンスをおすすめします。

 

こちらは防水工事の様子です😃

 

【ベランダ防水 プライマー施工】

プライマーとは簡単にいうと、簡単に言う下地と塗料の密着を加速させるための接着材の役割を果たします。

この作業を丁寧に行わないと、仕上がりにも影響してくる大事な作業になっています。

 

【ベランダ防水 トップコート施工】

保護塗料であるトップコートが劣化していると、防水層が熱や紫外線の影響で退化しやすくなります。

 

 

 

診断は無料ですのでいつでもご相談くださいませ。

施工事例の方も更新しておりますのでぜひご覧くださいませ☆彡

 

 

 

*~ おうちのお悩みがございましたらぜひご相談くださいませ ~*

 

・外壁塗装はどれぐらい費用がかかるの?

・外壁塗装の工期はどれぐらいかかるの?

・そもそも外壁塗装をなぜ行わないといけないのか?

・塗り替えの時期はいつがいいのか?

・徳島県で塗装会社をどう選べばいいのか?・・・などなど。

どんなことでも構いません !お気軽にご質問ください😃

 

匠建装ではご相談・お見積り・プランニングを
無料でおこなっておりますので
ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております(*^-^*)
お問い合わせはコチラ

 

フリーダイヤル0120-101-230

 

株式会社 匠 〒771-0136
徳島県徳島市川内町平石古田32-1

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!