現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > スタッフブログ > 下塗りの大切さ 徳島県 徳島市 外壁塗装 /…

下塗りの大切さ 徳島県 徳島市 外壁塗装 / 屋根塗装専門店 匠建装

スタッフブログ豆知識 2019.05.11 (Sat) 更新

 

みなさんこんにちは!!

徳島県 徳島市 外壁塗装 屋根塗装 専門店 匠建装 です(^^)/

 

 

今回は外壁塗装においてとても重要な役割をもつ、

下塗りの大切さについてお話ししようと思います。

 

住宅の外壁材は毎日、紫外線・風・酸性雨などにさらされている状態で、

厳しい環境のなかでおうちを守っています。

 

新築で建てたおうちが1年、2年、3年と時間が経てばたつほど

どんどん外壁の傷みは進んでいきます。

 

だいだいの方が塗り替えをお考えになる頃(7~10年)には

建材自体が弱くなってきている状態が多くヒビ割れなども進んでしまっています。

 

下塗り材は外壁塗装において一番最初に塗る塗料です。

仕上がりに大きく関わってくる、とても重要な作業となります。

中塗り材と上塗り材の密着性を良くするために塗装面を整えるための塗料で

代表的なものにプライマーシーラーフィラーなどがあります。

 

プライマーとは基材の吸い込みを均一にし塗膜の付着性をよくする役割りを果たすものです。

金属部分の塗装ではサビ止め材を使用します。

 

シーラーとは基材に浸透して上塗り材と塗装面の密着性を高める役割をします。

剥離などのリスクを減らし塗膜性能を十分に発揮させるために使用される塗料です。

 

フィラーとは外壁材にヘアクラック(細かいヒビ)がある場合や下地に凸凹や段差の

ある場合に平滑にならすために使われる「下地調整剤」のようなものです。

下地の劣化が激しい場合はシーラーを吸い込ませてからフィーラーを塗る場合もあります。

 

外壁塗装 屋根塗装 徳島市

 

このように、しっかりと下塗りを行うことで

上塗りの塗料が劣化してきても下地の建材自体のヒビが埋められて、

きちんとした防水膜が出来ているので、雨水の侵入を防ぐことができます。

 

下地を塗ることはきちんと意味があり、大切な役割を果たしています!!

正しい下塗りをしなければ、上塗り材の性能は発揮されません!

 

そしてしっかりと下塗りを行ったあと、

中塗り、上塗りをおこなっていきますので

より耐久性の高い塗膜を作っておうちを守っていきます(^▽^)/

 

外壁塗装においてとても大切な作業となります。

匠建装ではしっかり丁寧に行っておりますのでご安心くださいませ!(^^)!

 

 

 

*~ おうちのお悩みがございましたらぜひご相談くださいませ ~*

・外壁塗装はどれぐらい費用がかかるの?

・外壁塗装の工期はどれぐらいかかるの?

・そもそも外壁塗装をなぜ行わないといけないのか?

・塗り替えの時期はいつがいいのか?

・徳島県で塗装会社をどう選べばいいのか?・・・などなど。

 

匠建装ではご相談・お見積り・プランニングを

無料でおこなっておりますので

ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪

 

みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております(*^-^*)

 

お問い合わせはコチラ

フリーダイヤル0120-101-230

 

株式会社 匠建装

〒771-0136

徳島県徳島市川内町平石古田32-1

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!