現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 要チェック!このような症状は起きていませんか?

要チェック!このような症状は起きていませんか?

新着情報豆知識 2022.04.30 (Sat) 更新

 

みなさま、こんにちは!!
徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!
匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

昨日はお天気が悪かったですが、今日は快晴ですね🌞✨

いいお天気が続くみたいなので安心しました😊💕

 

では、本日は実際に外壁診断を行った際に撮影させていただきました写真を使用して、おうちの劣化のご説明をさせていただきます!!

 

このような症状が起きていないかぜひ、おうちの外壁と見比べてみてくださいね🏡✨✨

 

【外壁の変色】

外壁塗装に用いられている塗料は、日光に含まれる紫外線の影響などにより、施工からある程度の年数が経つと塗膜が劣化し、変色を起こします😨💦

変色が始まると見た目もくすんだようになっていまいますので塗り替えを検討される方が多いですね👆

放置すればするほど、どんどん劣化は進行していきますので要注意です😲❕

 

【チョーキング現象】

おうちの外壁を触ってみて、写真のように手が白くなってしまうとチョーキング現象が起こっています😨💦

外壁は塗膜という膜で守られていますが、チョーキング現象は塗膜の性能が切れ防水効果が切れたというサインです。

放っておくと雨水が浸入して建物本体を傷めてしまいますので、早めの塗り替えを検討しましょう👆

 

【カビ・藻・苔の発生】

外壁のカビや苔の発生は、アレルギーの原因となったり、外壁を脆く傷めたりする、とても危険な存在です😓

こちらがはコケが繁殖してしまっている状態です😨💦

決して「少しくらい放っておいて大丈夫だろう」と思わず、すぐに対処しましょう❕

 

【外壁ヒビ割れ】

ひび割れを放置すると、割れ目から雨水が染み込み、建物の構造材が濡れてしまいます💦

この状態を放置するのは以下のような症状に繋がりますので、大変危険です㊟❕

・外壁内部の湿気が増えてシロアリが集まる

・雨漏りによって室内の壁や天井にシミができる

・構造材が腐食し、躯体全体の強度が低下する

・構造材の強度が低下して地震で倒壊する可能性が高くなる

放置すればするほど状態は悪化しますので、早めに対処することで費用も抑えられますし、なによりおうちを守ることにつながります!!

 

【塗膜の膨れ】

写真のように、火傷した際にできる水膨れのように塗膜が浮いていないでしょうか😲?

浮いてしまった外壁の塗装は、放置しておくとそのうち剥がれてしまいます。。

そして、ちょっとでも塗装が剥がれてしまうと、そこから雨水が浸入し塗装の剥がれが拡大してしまいます。

放っておいても状況がよくなることはありませんので、早めの対処が必要になります👆

 

【トタンのサビ】

サビを放置し穴が開いてしまうと、屋根材自体を新しくしないといけない状態になります。。

交換ということは余計に費用が掛かり時間もかかってしまいます😨💦

早目に塗装をしてメンテナンスをおこなうことで、屋根の寿命も長くなります!!

 

簡単な説明になってしまいましたが、みなさまのおうちはこのような症状は起こっていませんか🏡?

大切なおうちの寿命を長くするためにも、劣化症状がありましたら早めにメンテナンスをおこないましょう!

 

外壁診断やお見積りは無料にて承っております😊✨

ぜひ他社様とも比べてください✊!

匠建装はお客様にご納得・ご満足していただけるように精一杯務めさせていただきます!!

外壁診断依頼はコチラから🏡

 

本日は以上になります😉👍

 

匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!
ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪

みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨

川内店 0120-101-230

安宅店 0120-102-790

 

 

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!