現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 中塗りの役割 とは??/悪徳業者にご注意を…。

中塗りの役割 とは??/悪徳業者にご注意を…。

新着情報豆知識 2022.01.22 (Sat) 更新

 

みなさま、こんにちは!!
徳島市、鳴門市、板野郡の外壁塗装&屋根塗装専門店 匠建装です!
匠建装ブログでは、塗装に関する豆知識やお家まわりの情報を発信しています。

いつもブログをお読みいただき、誠にありがとうございます!

 

 

こちらの写真は先日、撮影した写真です🏡

中塗りを職人さんが丁寧に塗ってくれているとことです😊✨

 

本日は、中塗りはなぜ行うのかご紹介させていただこうと思います。

 

外壁塗装というのは三回塗りが基本で一回目を下塗り、二回目を中塗り、三回目を上塗りといいます。

この三回塗りは絶対に必要と考えてください。

悪徳業者や手抜き業者はこの三回塗りを行わず、後からすぐに塗料がはがれてトラブルになるということがよくあります。

 

「優れた機能があるので下塗りと上塗りの二回塗りで大丈夫です」や「下塗りをしなくてもいい塗料です」などと

言ってくる外壁塗装会社は信用できない会社と思ったほうがいいです!

中には三回塗りましたと嘘をついて二回しか塗らない悪徳業者もいるのでご注意ください。。

もちろん匠建装ではそのようなことは一切ございませんのでご安心くださいませ✨✨

 

 

前回は下塗りのことについて詳しくご説明させていただきましたので

今回は中塗りの重要性についてご説明させていただこうと思います。

下塗りの記事はコチラから。

 

中塗りを行う意味は上塗り材の補強や平滑な下地をつくることが目的で一般的には上塗りと同じ塗料を使用します。

 

なぜ同じ塗料なのに2回塗るのかというと一回目の色付けだけではどんなに腕のいい職人さんでも色むらが発生してしまいます。

それは腕が悪いのではなく塗料の性質上、色むらが発生するのは当然です。

そのため色付けは必ず2回工程が必要になってきます。

しっかりと上塗りの塗料がつくように中塗りはとても大事な工程となっています!

このような観点から下塗り、中塗り、上塗りの3つの工程は最低限必ず行わなければいけない工程となっています。

 

先にも書かせていただきましたが悪徳な業者は勝手に工程を省いたりするのでお気をつけください!

外壁塗装工事はどうしても工事費用がかかってきますので安い料金を提示する業者に依頼したくなるお客様もいらっしゃると思います。

 

しかし大事なおうちのことなので費用が安いかどうかだけで業者を選ぶのではなく、

間違いのない工程を行ってしっかりとした塗膜をつくってくれる業者に依頼することをおススメいたします。

 

匠建装ではお客様にご納得していただけるまで工事の内容なども

ご説明させていただいておりますのでご安心くださいませ😊✨

いつでもお気軽にご相談くださいませ🎵

 

匠建装ではご相談・お見積りを無料でおこなっております!
ぜひぜひお気軽にご相談くださいませ♪

みなさまのご連絡、ご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております✨✨

川内店 0120-101-230

安宅店 0120-102-790

外壁塗装 屋根塗装 匠建装

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-101-230電話受付時間 10:00~17:00

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!